投資の初心者ならみんなで大家さんから始めよう

レディ

債務不履行の回避に

女性

代位弁済のメリット

賃貸物件において家賃滞納が起こると、家賃収入が減ることになります。いくら持っている物件が満室状態でも、家賃収入が減れば空室状態と同じ意味になります。大家にとって家賃回収は大変な労力になることがあり、だからといって家賃を回収できないと収入も減ってしまいます。そんな家賃滞納の債務不履行を回避するのが、家賃債務保証サービスです。家賃債務保証会社のサービスを利用すると、万が一家賃滞納が起こった場合でも、貸主への立替払いをしてくれます。代位弁済と呼ばれるものです。本来の家賃は家賃債務保証が取り立てて回収してくれるので、家賃収入が滞ることがなく、さらに家賃回収の手間も省けるというメリットがあります。本来、家賃債務保証サービス会社は、連帯保証人を立てることができない人のために連帯保証人となるサービスです。近年は核家族化が進んでいることから、親や親族に連帯保証人を頼みづらかったり、高齢者の一人暮らし、身寄りのない人、海外からの外国人居住者など、連帯保証人を立てられない人が増加傾向にあります。このような状況から、家賃債務保証会社のサービスのニーズが高まっているのです。連帯保証人不要、と記された物件は家賃債務保証の利用を条件としていることもあります。連帯保証人が要らない分、家賃滞納などが起こった場合は取り立てが厳しかったり、保証料が上乗せされていることもあります。このように家賃債務保証サービスは、物件を貸す人にとっては債務不履行の回避というメリットが、借りる人にとっては連帯保証人が必要ないというメリットがあるのです。